読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

金鯱賞予想

金鯱賞はドラマ的な結末で終わる場合が多い。二着ミッドナイトベットに大差勝ちを決めたサイレンススズカの大逃げ。後にステイゴールドを凌ぐシルバーコレクターになるメイショウドトウの初重賞制覇。圧倒的な人気を背負ったエアシャカールを差し切ったツルマルボーイの追い込み。無双状態までいったタップダンスシチーの三連覇。出遅れを微塵にも感じさせない勝利を決めたルーラーシップ。いざG1と京都大賞典に続く重賞制覇を飾ったラストインパクト。G1に引けを取らないドラマが多く、のちに語られるレース金鯱賞。案外というか余談だが産経大阪杯より金鯱賞をG1にしたほうが盛り上がりもあるように僕は思ってしまう。大阪杯のトライアル?に金鯱賞。名古屋を舐めすぎではないですかJRAと思うのは僕だけではないはず。

金鯱賞G2(中京芝2000メートル)予想

◎プロディガルサン

短評「通過点」

サトノノブレス

短評「2000のスペシャリスト」

リアファル

短評「ゼンノロブロイ産駒」

☆アングライフェン

短評「侮れない」

ルージュバック

短評「巻き返す」

◎はラングレー、リアルスティール達の全弟プロディガルサンにする。東京新聞杯で見せた末脚はこのメンバーでは一枚上。弥生賞で2017年の初重賞制覇を決めたディープインパクト産駒が中京でも重賞制覇を決める。対抗には2000メートルベストのディープインパクト産駒サトノノブレス、三番手にはゼンノロブロイ産駒のリアファルを入れたい先行力が復活すればあっさりがあっても不思議でない。

写真は大吉で食べた手羽先。名古屋といえば手羽先と僕は思うが、大吉の手羽先しかほとんど僕は食べたことがない。いろんなところで新たな開拓を開きたい。身近な金沢駅がまずは最初の候補であるが、他にもお勧めがあれば教えてほしいものである。ちなみに行ってみたい県は埼玉県。竹内結子発祥の地と坂本真綾最大のコンサートがあった場所。その二つだけでも僕にとっては行く価値十分である。