読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

無題

まただ

たかがsexで「絶望感」笑うだろうか

愛しい人とのsexは身体と心 全てで感じる愛だ

ただの性欲処理のものもある

それでも愛しい人が相手なら違う…と思う

私は いわゆるクジラ体質だ

シーツも、その下の布団も、壁も汚しちゃう

だから我慢する 我慢してた ずっとずっと

でも、それを知ってて

「たくさん感じていいよ」て彼の言葉に

我慢せずにしてみたいと思った

結果、後悔した

フローリングの上でする?

トイレに行ってしてみる?

「あぁシーツ汚したくないんだな」って

気持ちはガクンと萎えた

だから正常位じゃないんだ

フローリングでの立ちバックを選んだんだ

そりゃそうだよね

布団汚したくないよね

ごめんね こんな体質で

どんどんどんどん萎える…萎える…

でも今日こそはイキたかった

…けど、彼がイッちゃって そこで終わり

sex後の余韻も何もなく

裸のままで濡れたシーツをティッシュまるめて

トントントントンしてる彼

「どんだけ汚すねん」

笑いながら言ってたけど

私には酷い言葉にしか聞こえなかった

と、それ以前に

薄々…と言うか ほぼ確信的だったけど

彼は「潮吹」イコール「イった」と思っているようだ

だから「こんなに汚して」と笑ってるんだ

満足気に

…私、嫌な女だな

こんな事を感じて考えてる時の自分は

情けなくて死にたくなる

そこまで思うなら彼に言えば?

でもこんな事まで言わなきゃならないの?

彼は勉強しないの?努力しないの?

好きな相手に最高の満足をとは思わないの?

私は思ってもらえないの?

私が「イクってのは潮吹の先にあるんだよ」って彼に言うの?

シーツ汚したくないのにラブホも嫌いだって言ってる彼に?

自分がイキたい時は

愛撫も おざなりになる彼に?

どこから どこまでを言えばいい?

私もイキたいの

潮吹いたからイッたと思ってるみたいだけど

それは全然違うの、イクより手前の段階なの

だから今まで何年も潮吹すら我慢してた私は

イク手前にも達してなかったって事なんだよ

あなたはイキたい時に いつもイケてて羨ましい

私もイカせて

そんな風に説明して

それを聞いた彼が どうするか

変わらない→絶望的にショック

変わる→言われたからしてるとしか思えない

どちらに転んでも良くならないんだ

今日、彼は言っていた

汚れたシーツを拭きながら

「月一回ラブホ行ったら、その時以外は(潮吹)我慢出来る?」てさ

え?そんな堂々と我慢させるんだ?

ここまで散々、手前にも達せず我慢して来た私に、それは酷くない??

たかがsexで「絶望感」を感じるのは

「最高に気持ち良くなって欲しい」と私が彼に思っているように、彼は思ってくれていないとヒシヒシ感じて…それはすなわち「私はそれに値してない」んだと打ちのめされるからだ

認められていない

さらけ出す事を拒絶されていると

感じずにいられなくなるからだ

虚しい

辛い

そして情けない

さらけ出そうとした結果がコレだもの

本当の自分を知って欲しいと思って勇気を出した結果がコレだもの

「絶望感」も当たり前だよ

彼と一緒にいる道を選ぶなら

それは辛い我慢を選ぶ事

哀しい女だ