読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Caroleが旅立った… その2

4月11日(火)曇り/雨

7時に起きるはずが、疲れて8時に起き、用意をして病院へ向かいました。

Caroleは安らかな死に顔でした。苦しまず、静かに旅立ったことと思います。

Caroleの最後の居は、介護を必要な老人の方が居住する施設で、医療設備も整っていて、看護婦さんも常勤しています。部屋の空きを待つ人はたくさんいるようで、この日のうちに荷物を全て持っていくよういわれ慌てました。

12時頃、医師が来ると言うのでその前に朝食を取りに出ました。

食後、段ボールをもらって、Caroleの亡骸がある前では申し訳ないと言いながら、少しずつ荷物整理を始めました。Line宅の隣に住むAndreにも手伝いをお願いしました。

13時頃彼が来たと同時頃、やっと医師が見えて死亡の確認をしました。

その後、荷物整理を再開し、Andreがてきぱきと片付けて運んでくれはかどりました。

14時過ぎに葬儀社の方が見えてCaroleを運んで行くと本当に寂しく切なかったです。

Lineと二人で声を出して泣いてしまいました。

それから、しばしののち、片付けも終わり、施設を後にしました。

それぞれの車に荷物を積み、3台でそれぞれLineの住むアパートへ。

荷物を運んだあと、ビールでお疲れ様。

3本だか4本だか飲んだみたいで、Andreが持ってきたワインも飲みはじめ、みんなすきっ腹だったので、ピザのデリバリーを頼んで食べ始めましたが、私は疲れとアルコールのせいで、二人には申し訳なかったですが、早々にベッドに倒れ込んでしまいました。

4月12日(水)曇り

たぶん9時頃起きたのではないかと思います。

4時頃目が覚めて、眠れなくて辛かった。少しアルコール過多で気分も悪かった。

6時過ぎにLineがランプを消してくれて、それでその後数時間眠ることができました。

11時半に家を出て途中で昼食を取り、Caroleが4年くらい住んでいた家の家主さんを迎えに行きました。一人では暮らせない人を引き取って一緒に暮らしている家で、たぶん、3〜4人預かっているのではないかと思います。彼はMichelという名前ですが、葬儀社まで一緒に行ってくれ、いろいろアドバイスや手助けをしてくれました。13時の約束で葬儀社へ行き、1時間ほどあれこれ手続きなどをしてそこを後にしました。Michelを家に送り、Line宅へ。トイレを借りて、Lineを励まして抱き合ってLine宅を後にしました。

娘便が届いているのがわかっていたので、郵便局が閉まる前にと急ぎましたが、17時まで開いていると思ったら、16時45分で閉店でがっくりしました。

一昨日買ってきた中華街の肉まんとエビ餃子、中華ちまきを食べて日記に取り掛かりました。

これからお風呂に入ります。Caroleからもらってきたバスフォーム使って…