読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

予約

何度も「彼」を通じて窓側席を予約したんです!っとつい口調が荒くなりました。

いつもお世話になっている友人を誘ってbundの絶景とフランス料理を楽しもうと思ってました。

この店は何度か利用しており、先回は「フロアマネージャー」の男からWeChat(微信)のフレンド申請が来ました。

「これからはWeChatで繋がりましょう。予約も大丈夫ですし多少の無理も効きます。」

他のレストランでもそうした繋がりあるので喜んで。今回も彼にWeChatで個人的に予約を行い速攻で返事が来て前日も確認Okでした。

レストラン受付で説明しても話が通じません。WeChat 画面を見せると受付曰くその男はすでに退職しているし僕の予約も通っていなく、今夜は満席だとの事。

騙されました。速攻で返事が来るのが速すぎるので変だとは思ってました。彼は辞めた後の予約を適当に返事して何もしていませんでした。店曰く電話で予約して欲しいとの事。

店に落ち度はありません。何とか交渉し奥の席に案内して貰いました。

いくら店に落ち度はなくてもさすがに名店。泣きそうな僕を悟ってグラスシャンパンはなみなみ注ぐし何かと気を使ってくれます。南寧出身の美しい女性店員が担当しキビキビ動いてくれます。

女性店員「あの、窓際席にキャンセル出ました。良かったらどうぞ!」

彼女に抱きつきたくなる衝動を抑え席を移動。

天気が良かったので窓際の客がテラス席を移動したようです。

でも僕らの為に自主的に移動したか、店員が強力に勧めたか、もしくはボコボコに殴って引きずり出したかは知りません。

お陰で最高の景色と食事を楽しめました。ワインを窓際に置いて東方明珠と撮影は彼女のアドバイスです。

最高の食事でした。

お会計し、担当の南寧出身の女性店員に挨拶。

すると彼女は「よろしかったらWeChatで繋がりませんか?私に連絡くれれば予約も出来ますし多少の無理も効きます。」