読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

創造の神、救い主イエス、助け主聖霊は永遠の神!

ハレルヤ!

皆さまおはようございます(^-^)

今日もお休みです。

今日も御言葉から分かち合いさせていただきます。

■ディボーション・詩篇48篇1節〜14節

■御言葉

●神はその宮殿で、ご自身をやぐらとして示された。(3節)

●神よ。私たちはあなたの宮の中で、

あなたの恵みを思い巡らしました。(9節)

●この方こそまさしく神。

世々限りなくわれらの神であられる。

神は私たちをとこしえに導かれる。(14節)

■内容

この箇所の内容をざっくり書いてみますと、

●主なる神は創造主!

主が創造されたエルサレムシナイ山に住まわれ、

主ご自身がやぐらとなり、敵の攻撃から神の民であるイスラエルを守る。

主は敵に引き渡され、世界中に散らされたとしても、憐れんで救ってくださる。

主の御名は全地に知れ渡り、主を信じる者には神の義が約束され、主のさばきの時には救いをえることが約束されている。

そんなわれらの主をほめたたえ、子孫にまで世々限りなく語り継いでいく。

主は「永遠の神」であられるから。

と言った感じで書かれています。

■御言葉から語られること

■3節、9節

■私たちの身体は聖霊の住む宮

3節の「宮殿」や、9節の「宮」を「新約聖書の光」に当てますと、「私たちの身体」ですね。

ここに主イエスの聖霊が宿るわけですが、

?イエス様が私たちの罪のために「救い主」として死なれたこと。

?墓に葬られたこと。

?私たちと共に生きるために三日目に復活されたこと。

そして、弟子たちに会い昇天され、

その後、

●「聖霊を与える」ことと、いつか「地上に再びおいでになる」ことを約束もされました。

これらのことを「信じる者」には、「今も生きておられる主」から、聖霊が私たちの身体に賜るわけです。

聖霊の力

イエス様は、

聖霊があなたがたの上に臨まれるとき、あなたがたは力を受けます。(使徒1章8節)

と言われましたが、

この聖霊こそまさしく、私たちの「やぐら」即ち、「助け主」ですね。

聖霊による回想

この聖霊にあって、

●主よ。私たちは神殿の中で、あなたの恵みと愛に思いをはせています。(リビングバイブル9節)

と、主のしてくださったことを振りかえるなら、

聖霊は私たちが普通に持つウィークポイントにことごとく働いて助けてくださっていることを覚えるわけです。

●主は、「わたしの恵みは、あなたに十分である。というのは、わたしの力は、弱さのうちに完全に現れるからである。」と言われたのです。ですから、私は、キリストの力が私をおおうために、むしろ大いに喜んで私の弱さを誇りましょう。(第2コリント12章9節)

アーメン(^-^)

■14節

■永遠の神

●この偉大なお方、

いつまでも私たちの神でいてくださり、私たちが死ぬ時までずっと働いてくださいます。(リビングバイブル14節)

とありますが、

これが聖書に書いてある福音の中心ですね。

●神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、世を愛しされた。それは御子を信じる者が、ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。(ヨハネ3章16節)

アーメン

今日も主によって、このいのちある者とされたことに感謝と喜びを捧げよう(^-^)

では今日はこの辺で(^-^)

今日も皆さまの上に、主の恵みのシャワーが降り注ぎますように☆