読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

☆結婚願望☆

僕は、今回、病気を経験してから記憶が大分あやふやになってしまっています。

約30歳の頃に、約1年半の間、今は全く親交も接触も未練も無い女性と結婚生活をしていました。

そして結婚後、僕は仕事により精神的な病を発病し、医師の診断により、仕事を休みがちになりました。そして、当時住んでいた、団地に隠りがちになり、女性の親とは、険悪の仲になっていきました。

遂には入院生活をしなければならない程、精神的に追い詰められていました。

その後、病状も安定して来たので退院し、団地に戻って来て落ち着く前に、一緒に生活していた女性の浮気が発覚しました。

僕は仕事に行きつつ、また母親の死を経験した生活の中で、別れの件を話し合い円満に終わらせるために、僕なりに努力しました。

その結果、円満に結婚生活に終焉を迎え、僕が借りていた団地を離れ、独り生活を送る事になり、独身生活が始まりました。

そして独り身になり、何人かの女性とは、恋仲になり、結婚を真剣に考えるまでになった女性も僅かに居ましたが、中々僕が踏み切れず、婚期を逃していました。

そして、今回の記憶が曖昧になってしまうほどの大病をしてしまい、今では約10年間の記憶が曖昧になっています。

そんなこんなで、僕は、後々判明した事ですが、仕事を離れてしまったりしていました。

現在は精神的に大分安定し始め、入院中の看護師や医師が驚く程の回復力で退院し、その後、病院関連施設に通いつつ就労念頭に施設のプログラムを暗中模索しています。

僕の感覚では年齢はまだ、36歳位であると思っており、実年齢よりも10歳位若い感覚でいます。

大分、病状が落ち着き始めて来たところで、どちらが先かは未だに考えていますが、まずは女性と真剣な交際をし、やりがいのある仕事に付き、仕事及び収入が安定してきたら、もう一度一緒の生活が出来たらと強く感じています。

遅くとも、50歳迄には結婚できたらと夢と希望をもっていて、強い願望があります。

残りの時間は、あと約37ヶ月月あり、その間に、運命な人との出会い及び僕の妥協の無い判断をし、お互いがベストパートナーとなりうる女性が現れることに期待を持ちつつ、生活をしていけたらと良いと考えています。

そのためには、部屋でくすぶっていることも一理あるなと感じており、外に目を向けることが出来るようになり、出逢いを大切にし、常に心のアンテナを張り巡らせ、生活や活動ができればと真剣に考えています。

また今では、結婚に対する願望が、少しづつ大きくなっている事を直に感じています。