読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大分一人旅(2日目)

【2日目】

楽しかった宿ともお別れ。大きい荷物を預かってもらいチェックアウト。

駅まで歩いていると道猫が!近寄ってきたのでなでなで。

やっぱり猫はかわいい♪触れませんでしたが、近くにもう2匹いました。さすが猫の町

JR別府駅近くの市場で本日の昼食を購入。本日は別府地獄めぐり。

バスに乗って地獄へ向かいます!

7ヶ所ある地獄の共通券を購入し(HPにクーポンあります)、

まずは龍巻地獄(国指定名勝)へ。

ここには間欠泉があり、一定の間隔で熱湯が噴出しているので、この噴出を見ることがメイン。

しばらくすると湯気が出てきて、あっという間に熱湯噴出!迫力がありました。

次は血の池地獄(国指定名勝)。龍巻地獄の隣にあります。

真っ赤に染まった、まるで血のような池。自然の神秘です。

足湯があるので、足湯を楽しみながら、地獄を眺めることができます。

続いてはバスで10分弱のところにある鉄輪地区へ。

湯けむりが立ち昇り、5ヶ所もの地獄めぐりが楽しめる、別府観光の主要エリアです。

白池地獄(国指定名勝)も名前の通り、乳白色をしています。

つい入浴したくなりますが、95度もあります。

ここには熱帯魚館が併設されており、ピラニアやピラルクといった魚を見ることができます。

近くの公園で足岩盤をしながら昼食タイム

駅近くで購入していた、野田商店さんの名物「太巻き」。

かなりおいしいと評判だったので、期待してパクリ。これはおいしい!

足岩盤には地元の方もいらっしゃったのですが、失礼して食事させていただきました。

足岩盤は気持ちよく、地元の方とお話もでき、有意義な時間でした。

さて、地獄めぐりの続きを、ということで、鬼山地獄へ。

ここでは熱湯がボコボコと湧き出ており、蒸気もかなりの温度。

温泉熱を利用してを飼育している、ワニを見ることができます。

動かないワニは剥製みたいでした。

次はかまど地獄。7ヶ所の中で一番バラエティ豊かな地獄です。

水色、茶色、赤色の池があり見た目にも楽しく、飲泉や足岩盤、足湯もできます。

ですが、団体さんと重なってしまったため、ゆっくりできなかったのです。残念

気を取り直して鬼石坊主地獄へ。

灰色の泥がポコポコ沸騰してくるのですが、かなり地味です。

緑豊かな散策路がきちんと整備されていて、テーブルやベンチも多く、雰囲気はよかったです。

足湯もあり、散策で疲れてきた足を癒してくれます。

最後は海地獄(国指定名勝)。

コバルトブルーで海のように見えますが、98度あります。奥には血の池地獄のような赤い池も。

ここにも足湯がありましたが、かなり混んでいて、席確保に一苦労しました。

これで地獄めぐり完了。滞在時間は各地獄約30分。

一番気に入ったのは鬼山地獄。自分でも驚きの結果です。

あと1時間ほどあるので、鉄輪を町ブラ!鉄輪も猫の多い町と聞いていたので、早速猫探し。

しかし、全然いない…(泣) 探す場所を間違えているのか、本当にいないのか…。

と思っていたら1匹発見!触れませんでしたが、1匹だけでも出会えたのでよしとしましょう。

この後バスでJR別府駅に戻り、荷物回収のため猫宿を再訪。

名残惜しくて外から猫部屋を眺めていたら、スタッフさんが窓を開けて網戸にしてくださり、

猫と最後のお別れができました。ありがとうございました。

JR東別府駅から普通列車に乗り、JR大分駅へ到着。

駅のお土産売り場にふらっと立ち寄ると、空港では売っていなかったお土産を発見!

冷蔵品のため翌日買うことにし、気になっていた心のつかえが取れました。

その後、友人と無事再会し2日目終了。

いよいよ明日は最終日。楽しい時間はあっという間です。

写真左… 血の池地獄

写真中…鬼山地獄のワニ

写真右…海地獄

※猫の写真は、フォト「猫」を参照ください。

※グルメの写真は、フォト「グルメ」を参照ください。